家族葬

家族葬

家族葬とは、職場関係や近隣などには広くは知らせずに、家族や親族、親しい方のみでおこなう葬儀のことです。
本来の意味では、「葬儀」は遺族・近親者のみでおこない、友人・知人・関係者が参列するのは「告別式」ですから、「葬儀=家族葬」といってもいいのですが、今は葬儀・告別式を同時におこなうことが多く、世間ではそれを「葬儀」と称していますから、それと区別するための言葉と言えるかもしれません。
言葉の定義はともかく、家族葬の一番の特徴は会葬者が限定されていて、少人数(多くても30人ぐらい)でおこなわれるということです。
もちろん、本当に家族だけでおこなわれる場合もあります。

家族葬と一般葬の違いは、お葬式に呼ぶ人達の範囲だけですが、それが大きな意味を持ちます。
家族葬は、家族やごく親しい人だけが集まるお葬式なので、世間体や体面を気にしたり、よく知りもしない会葬者への応対に神経を使う必要がないので、遺族それぞれがそれぞれの思いと表現で、故人とゆっくり最後の時を過ごしながらお別れをすることが可能です。
例えば、家族葬なら葬儀の最中に人目を憚らず泣き続けることも珍しくありませんが、一般葬だとそれはとても難しいことです。
このように、家族葬の大きなメリットは、遺族が自由に故人とお別れし見送ることができるという点で、家族葬が遺族中心のお葬式と言われる所以です。
また、色々と規模が大きく派手になりがちな一般葬よりも、費用がかからないというメリットもあります。
ただし、家族葬はまだ新しい葬儀の形だけに、世間体や昔からの習慣を大事にする親族から反対されたり、後で文句がでる可能性があります。
ですから、家族葬をおこなう理由として、費用が安いというだけでなく、故人の遺志(エンディングノートがあればなおいい)や、遺族の考えを明確にしておくことは意外に大切です。

家族葬の形態は、一般葬と特に大きな違いはありません。
ただ、一般葬の場合仏教式で行われるのが大多数なのに対し、家族葬は3分の1ぐらい無宗教葬で行われています。
その他に家族葬には次のような特徴がよく見られます。

  • 祭壇は生花祭壇が増えている。
  • 香典・供花などを辞退することが多い。
  • 葬儀が終わった後に死亡の通知を出す。
  • 葬儀後にあらためてお別れ会をする場合もある。

家族葬の準備で特に気を付ける必要があるのは、家族葬は来てほしい人だけにお知らせして参列していただくために、あらかじめ「お知らせする人」と、葬式の後に「手紙で報告する人」を区別しておかなければならないことです。
事前にリストを整理するなどしておくといいでしょう。

家族葬は一般葬に比べて葬儀費用は安いと言えますが、葬儀社にまかせて一般葬と同様になんでも盛り込めば、香典が少なくなる分かえって自己負担が増える可能性もあります。
家族葬をおこなうには、一般葬以上にどのようなお葬式にしたいか、何が必要で不必要なものはなにかという点を、事前にはっきり決めておく必要があるのです。
葬儀費用の内訳は 葬式費用を安くするには を参照
今ではほとんどの葬儀社が家族葬を請け負ってくれます。
葬儀社を選ぶに当たっては、「こういう葬儀にしたい」という内容と、予算を明確に業者に伝え、真摯に対応してくれる業者を選びましょう。

『花葬儀』は決まりごとにとらわれない「その人らしいお葬式」を提案します。
※『花葬儀』の対応エリアは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の1都3県です。

◇花葬儀はその名の通り「花」にこだわった葬儀です。
◇首都圏約120店のお花屋さんによる「花祭壇」が基本プランに含まれます。
◇打ち合わせにフラワーデザイナーが同席し、ご要望に合わせた花祭壇を制作。
◇ご利用者のご満足度が98%と高いです。
お見積もり・資料請求はこちらから

業界初の総額料金明示!「小さなお葬式」(全国対応)

◇「小さなお葬式」は火葬式17.8万円、家族葬は49.8万円で、 追加料金は0!
  さらに、低価格のお布施(3.5万円〜)を全国で統一料金で実現!
◇専門スタッフが24時間365日電話対応するので安心です。
◇事前に資料請求(無料)しておけば、御葬儀費用から5千円値引きします。
詳しくはこちらから

葬儀費用を安くしたいなら

もしあなたが、これからの葬儀に不安を感じていたら…
平均250〜300万円と言われている葬儀費用を節約できるとしたら…
葬儀について葬儀社同様の知識を得ることができるとしたら…
葬儀にはたくさんのお金がかかると思ってませんか? あなたやあなたのご家族には、葬儀後の生活があることも忘れてはいけません。 ほんの少し手を止めて、私の話を聞いていただけますか? きっとあなたのお役に立てます…
⇒ 続きを読む


FXトレードネットとは