自由葬(無宗教葬)

自由葬(無宗教葬)

自由葬とは、従来のお葬式の形式にこだわらず、文字通り自由な発想でおこなうお葬式のことをいい、家族葬や直葬も自由葬の一種であると言えます。
自由葬は「こういうものだ」という形や決まりはなく、最近は他業種から葬儀業界へ進出した新しい葬儀社などが、故人らしさを取り入れた様々な個性的なお葬式を企画していますが、一般的には無宗教葬を指すことが多いです。

無宗教葬とは、宗教者(僧侶など)の宗教儀礼を一切おこなわない葬儀で、最近急速に広まっています。
無宗教葬が増加している背景には、日本人の7割は特定の宗教を持たないと言われているのに、お葬式のときだけ仏教に帰依することや高額なお布施に対する疑問、都市への人口が流出などによりお寺の檀家が減少していることなどがあります。

自由葬(無宗教葬)のメリットは、お葬式に故人らしさを取り入れられ、遺族を中心とした手作りのお葬式にすることができることなどです。
ただし、自由葬(無宗教葬)は、宗教儀礼に代わるプログラムを企画・実行しなければならず遺族に負担がかかりやすい、伝統的なお葬式に慣れた人の理解が得られにくいなどのデメリットもあります。
特に仏教式のお葬式では、読経(30分ぐらい)と焼香が葬儀時間の大半を占めますので、喪主や遺族が実際することは多くありません。
無宗教葬では読経・焼香の代わりに、黙祷、遺族や親しかった人の別れのスピーチ、会葬者全員による献花などをすることが多いですが、何人かがスピーチしても読経よりも時間はかなり短くなってしまうので、全体的にあっさりとした式になりやすいのです。

したがって自由葬(無宗教葬)をおこなうためには、できるだけ自由葬(無宗教葬)の企画・設営に経験豊富な葬儀社を選び、担当の葬祭ディレクター(⇒葬祭ディレクター)と綿密な連携をとることが大切です。
よい担当者と出会えたら、事前準備にコミュニケーションを密にし、葬儀の実働は葬儀社に任せてしまうのが、遺族の負担を軽くするコツです。

自由葬(無宗教葬)の雰囲気を左右する重要な要素は、会場と音楽です。
無宗教葬の場合、会場は広すぎず照明は明るいほうが向いています。
音楽は自由葬の一番大切な要素といってもいいでしょう。
バロック〜古典派のクラシックを中心に、故人の好きだった音楽や歌などを選んでおくといいでしょう。
また、故人のアルバムや愛用品や作品などを集めた「メモリアル(思い出)コーナー」を設置したり、生前から準備ができるなら、故人の写真や映像を編集し音楽をつけたビデオを上映したりすれば、会葬者全員の心に残る印象的なお葬式になります。

『花葬儀』は決まりごとにとらわれない「その人らしいお葬式」を提案します。
※『花葬儀』の対応エリアは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の1都3県です。

◇花葬儀はその名の通り「花」にこだわった葬儀です。
◇首都圏約120店のお花屋さんによる「花祭壇」が基本プランに含まれます。
◇打ち合わせにフラワーデザイナーが同席し、ご要望に合わせた花祭壇を制作。
◇ご利用者のご満足度が98%と高いです。
お見積もり・資料請求はこちらから

業界初の総額料金明示!「小さなお葬式」(全国対応)

◇「小さなお葬式」は火葬式17.8万円、家族葬は49.8万円で、 追加料金は0!
  さらに、低価格のお布施(3.5万円〜)を全国で統一料金で実現!
◇専門スタッフが24時間365日電話対応するので安心です。
◇事前に資料請求(無料)しておけば、御葬儀費用から5千円値引きします。
詳しくはこちらから

葬儀費用を安くしたいなら

もしあなたが、これからの葬儀に不安を感じていたら…
平均250〜300万円と言われている葬儀費用を節約できるとしたら…
葬儀について葬儀社同様の知識を得ることができるとしたら…
葬儀にはたくさんのお金がかかると思ってませんか? あなたやあなたのご家族には、葬儀後の生活があることも忘れてはいけません。 ほんの少し手を止めて、私の話を聞いていただけますか? きっとあなたのお役に立てます…
⇒ 続きを読む


FXトレードネットとは