葬儀の場所(斎場)について

葬儀の場所(斎場)について

お葬式(通夜・葬儀・告別式)をおこなう斎場は、主に葬儀会館(公営・民営)、火葬場併設の斎場寺院斎場その他(自宅・集会場・コミュニティセンターなど)です。

都市部では密葬や小規模の家族葬を除けば、自宅でお葬式をするのはまれでしょう。
集会場やコミュニティセンターは、会場費が無料あるいはとても安い所がメリットですが、その地域の住民でなければ借りられなかたり、もともと葬儀を目的としていないため、設備類の搬入や設営、葬儀後の後片付け等に手間がかかります。

寺院斎場は文字通り寺院が運営している斎場です。
基本的にはその寺の檀信徒のために設立されているため、檀家であれば無料あるいは通常使用料の半値以下で利用できますが、一般の人が借りると都内の寺院では斎場使用料だけで20〜30万円と結構高額なります。
葬儀社が指定されている所も多いので、その寺院でお葬式をしたい場合は、まずお寺の事務所に問い合わせる必要があります。
なお、寺院斎場を使用する場合は、当然ながらその宗派の儀式にのっとった葬儀になります。

火葬場には、火葬するだけの所と斎場を併設している火葬場があります。
斎場を併設しているところであれば、葬儀後の移動する負担がなくなるため、会葬者が多い場合は大変便利です。
火葬場は公営(地方自治体の運営)と民営があり、地方では公営火葬場が主流なのに対し、東京では公営火葬場は2か所だけで残りは民間企業(東京博善)の運営です。
当然ですが、公営火葬場のほうが使用料(火葬料)は安く、故人や3親等以内の親族が住民であれば無料という自治体もあります。
火葬場の斎場は、式場のほかに親族の控室や霊安室が設置されているも多く、設備的にも申し分ありませんが、便利なため公営・民営とも込み合う傾向があるのが難点です。

葬儀会館には自治体が運営している公営斎場と、葬儀社などが運営している民営斎場があります。
公営斎場はなんといっても利用料金が安いのがメリットですが、人気があるので地域や時期によっては数日間待たされる覚悟が必要です。
また、一般的に民間斎場より交通の便は良くなく、役所直営の場合はサービスがあまりよくないという話も聞きます。
公営斎場では、基本的にそこに登録している葬儀社だけが利用できますが、葬儀社のネットワーク間で名前を貸し借りして利用するケースもあり、ある程度はどこの葬儀社に依頼をしても利用することは可能です。
しかし、できることなら斎場を何度も使用し熟知している葬儀社に依頼する方が、準備や進行はスムーズにおこなえるでしょう。
また、葬儀社を選ぶ際には、地元の葬儀社で斎場を持っていない所のほうが(施設の維持費や人件費がかからないため)、全体的に費用が安くなるようです。

民営斎場(葬儀会館)の多くは葬儀社が直接経営しており、使用料は公営斎場に比べてずいぶん高くなりますが、その分サービスが行き届いており、音響・照明などの設備も整っています。
式場の広さやタイプも様々で、一般的な葬儀のほかに、オリジナリティあふれた自由葬にも対応することが可能です。
民営斎場のほうが立地条件も公営斎場に比べて良い所が多く、また日程を優先するのであれば、かなり融通がきくという点もメリットです。

『花葬儀』は決まりごとにとらわれない「その人らしいお葬式」を提案します。
※『花葬儀』の対応エリアは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の1都3県です。

◇花葬儀はその名の通り「花」にこだわった葬儀です。
◇首都圏約120店のお花屋さんによる「花祭壇」が基本プランに含まれます。
◇打ち合わせにフラワーデザイナーが同席し、ご要望に合わせた花祭壇を制作。
◇ご利用者のご満足度が98%と高いです。
お見積もり・資料請求はこちらから

業界初の総額料金明示!「小さなお葬式」(全国対応)

◇「小さなお葬式」は火葬式17.8万円、家族葬は49.8万円で、 追加料金は0!
  さらに、低価格のお布施(3.5万円〜)を全国で統一料金で実現!
◇専門スタッフが24時間365日電話対応するので安心です。
◇事前に資料請求(無料)しておけば、御葬儀費用から5千円値引きします。
詳しくはこちらから

葬儀費用を安くしたいなら

もしあなたが、これからの葬儀に不安を感じていたら…
平均250〜300万円と言われている葬儀費用を節約できるとしたら…
葬儀について葬儀社同様の知識を得ることができるとしたら…
葬儀にはたくさんのお金がかかると思ってませんか? あなたやあなたのご家族には、葬儀後の生活があることも忘れてはいけません。 ほんの少し手を止めて、私の話を聞いていただけますか? きっとあなたのお役に立てます…
⇒ 続きを読む


FXトレードネットとは