告別式(お別れの会)

告別式(お別れの会)

最近はお葬式を直葬や家族葬など、限られた少人数でおこなう人が増えています。
その場合、お葬式に呼ばなかった友人・知人に対しては、死亡の通知を送って、それで一区切りとすることが多いのですが、後日あらためてそれらの人を招待して、告別式の代わりに「お別れの会」を設ける遺族も増えています。

お別れの会は遺族が主宰しておこなうものと、故人の友人など有志の人が集まって、友人主宰のお別れの会を企画し、逆に遺族を主賓として招待するものがあります。
お別れの会は、大体亡くなってから四十九日などの納骨の前におこなわれることが多く、それ以降におこなう場合は「○○を偲ぶ会」という言い方をよくします。
お別れの会や偲ぶ会は場所的な制限はありませんが、ホテルやレストランなどを借りて開催する場合、遺骨(骨壷)の持ち込みや宗教儀式(読経や焼香など)は断られる可能性が高いので、事前に確認しておく必要があります。

別れの会といっても、基本は会食形式です。
人数がそれほど多くなければテーブル席で、人数が多くなる場合は立食形式も検討します(年配の出席者が多い場合は椅子も必要)。
そして、食事をしながら故人の思い出を語り、友人代表の数名と遺族代表がスピーチをします。
盛大にやりたければ、故人の略歴紹介ビデオの上映、思い出の品を展示したメモリアルコーナーの設営、故人の好きだった歌の斉唱など、故人らしさが出て皆に喜ばれそうな企画を考えましょう。

ちなみに私が参加したお別れの会は、20人ぐらいが横浜からクルーザーで出港し、東京湾で散骨をおこなった後に、横浜中華街のレストランの1室で会食をするというものでした。
ささやかでしたが、大正生まれのモダンな女性だった故人を送るのにふさわしい会だったと思っています。

『花葬儀』は決まりごとにとらわれない「その人らしいお葬式」を提案します。
※『花葬儀』の対応エリアは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の1都3県です。

◇花葬儀はその名の通り「花」にこだわった葬儀です。
◇首都圏約120店のお花屋さんによる「花祭壇」が基本プランに含まれます。
◇打ち合わせにフラワーデザイナーが同席し、ご要望に合わせた花祭壇を制作。
◇ご利用者のご満足度が98%と高いです。
お見積もり・資料請求はこちらから

業界初の総額料金明示!「小さなお葬式」(全国対応)

◇「小さなお葬式」は火葬式17.8万円、家族葬は49.8万円で、 追加料金は0!
  さらに、低価格のお布施(3.5万円〜)を全国で統一料金で実現!
◇専門スタッフが24時間365日電話対応するので安心です。
◇事前に資料請求(無料)しておけば、御葬儀費用から5千円値引きします。
詳しくはこちらから

葬儀費用を安くしたいなら

もしあなたが、これからの葬儀に不安を感じていたら…
平均250〜300万円と言われている葬儀費用を節約できるとしたら…
葬儀について葬儀社同様の知識を得ることができるとしたら…
葬儀にはたくさんのお金がかかると思ってませんか? あなたやあなたのご家族には、葬儀後の生活があることも忘れてはいけません。 ほんの少し手を止めて、私の話を聞いていただけますか? きっとあなたのお役に立てます…
⇒ 続きを読む


FXトレードネットとは