お葬式の順序を考える

お葬式の順序を考える

お葬式に決まったルールはありません。
葬儀・告別式・火葬の順番も特に決まりはなく、最後に火葬をしなければならないなんていう決まりは本来ないのです。
伝統的・一般的なお葬式では次のような順序が多いです。

@ 通夜 ⇒ 葬儀 ⇒ 告別式 ⇒ 火葬
A 通夜 ⇒ 葬儀・告別式 ⇒ 火葬

これらの方法は、棺桶を安置して告別式をおこないますので、会葬者全員が棺桶に「別れ花」を入れて、出棺のお見送りができるというメリットがありますが、ある程度の会場の広さが必要で、式も大規模で費用も高くなりがちです。
一般葬では、告別式に来られない人が通夜に参列しに来るので、「通夜振る舞い」も用意しなければなりませんし、近親者が故人と静かに通夜をすごすこともままなりません。
また、Aは一番よくみられるスタイルですが、葬儀と告別式を一緒にやると、遺族は挨拶・接待に追われて、ゆっくり故人を見送ることができないのが難点です。
そこで、おすすめするのが下のやりかたです。

B 通夜 ⇒ 葬儀 ⇒ 火葬 ⇒ 告別式(お別れの会・偲ぶ会)
C 通夜 ⇒ 葬儀 ⇒ 火葬

これらの場合は、葬儀を近親者のみのいわゆる家族葬でおこないます。
これだと、一般葬に比べて費用がかからず、遺族・近親者はゆっくりと故人と最後のお別れをすることが可能です。
火葬後なら告別式をやる場合でも場所的・時間的な制約がありませんので、好きな場所で自由なスタイルで執り行うことが可能です。
また、お葬式に呼びたい人が少なければ、Cのように告別式はやらなくてもいいでしょう。

D 火葬 ⇒ 葬儀(告別式)

これは直葬(火葬式)をおこなう場合です。
直葬では、遺体を斎場ではなく直接火葬場に運びますが、火葬場によっては夜間遺族が付き添えるところもあり、その場合は通夜も可能です。
火葬を先にしてしまえば、その後は葬儀や告別式をどんなスタイルでも自由におこなうことができるでしょう。

『花葬儀』は決まりごとにとらわれない「その人らしいお葬式」を提案します。
※『花葬儀』の対応エリアは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の1都3県です。

◇花葬儀はその名の通り「花」にこだわった葬儀です。
◇首都圏約120店のお花屋さんによる「花祭壇」が基本プランに含まれます。
◇打ち合わせにフラワーデザイナーが同席し、ご要望に合わせた花祭壇を制作。
◇ご利用者のご満足度が98%と高いです。
お見積もり・資料請求はこちらから

業界初の総額料金明示!「小さなお葬式」(全国対応)

◇「小さなお葬式」は火葬式17.8万円、家族葬は49.8万円で、 追加料金は0!
  さらに、低価格のお布施(3.5万円〜)を全国で統一料金で実現!
◇専門スタッフが24時間365日電話対応するので安心です。
◇事前に資料請求(無料)しておけば、御葬儀費用から5千円値引きします。
詳しくはこちらから

葬儀費用を安くしたいなら

もしあなたが、これからの葬儀に不安を感じていたら…
平均250〜300万円と言われている葬儀費用を節約できるとしたら…
葬儀について葬儀社同様の知識を得ることができるとしたら…
葬儀にはたくさんのお金がかかると思ってませんか? あなたやあなたのご家族には、葬儀後の生活があることも忘れてはいけません。 ほんの少し手を止めて、私の話を聞いていただけますか? きっとあなたのお役に立てます…
⇒ 続きを読む


FXトレードネットとは