葬儀費用を安くするには

葬儀費用を安くするには

お葬式は安くすませれば良いといわけでは決してありませんが、景気低迷で所得が増えない中、できるだけ費用を抑えたいと思うのが人情です。
葬儀費用を安くするのに一番大切なのは、ほぼ同じサービス内容・品質で他社より安くできる葬儀社を選んで依頼することですが、それは「葬儀社の選び方」で説明します。

葬儀費用を安くするためには、お葬式が高くなる原因を考え、それをできるだけ取り除いていくことです。
例えば、お布施などの宗教関係費は、平均55万円と葬儀費用全体の4分の1近くも占めていますが、お墓がお寺にあるわけでなく、仏教式にすることにこだわりがなければ、無宗教葬にすればこれを全てカットすることができます。

葬儀費用の内訳で高いものは、祭壇、斎場使用料、式場外設営料、棺桶代などです。
これらは価格調整をしやすいので、これらの費用を抑えることでお葬式全体の費用を安くすることが可能です。
斎場は公営の葬儀会館を利用したり、会葬者数が少なければ自宅や集会場などを使えば、民間の葬儀会館を使用するよりも断然安くなります。
祭壇には白木祭壇と生花祭壇があり、料金的に大きな差はありませんが、白木祭壇だけだと味気ないので、生花を飾ったり供花を設置したりすれば、追加費用がかかってしまうので、最初から生花祭壇を選んだほうがいいかも知れません。
小さめの祭壇のほうが料金はかかりませんが、会場が広いと寂しい感じがするので、参列者が少なければできるだけ小さめの会場にするのがコツです。
会葬者が多い一般葬の場合は、会場の外に提灯や受け付け用のテントを設置したり、案内看板をあげたりするための、式場外設営料が結構かかりますが、参列者が少ない密葬や家族葬なら必要ありません。
棺桶は利幅が大きいので、葬儀社はグレードの高いものを勧めてくることが多いですが、すぐに燃やしてしまうものですから、費用を抑えたければ一番安いものを選べばいいでしょう。

葬儀費用は葬儀の内容によりますから、どのようなお葬式にしたいかを事前にはっきりさせておけば、それに必要な品目を足し算することで、費用を計算することができます。
葬儀費用が高くなるのは、結局葬儀社にまかせきりにして、不必要なものにお金をかけてしまうためなのです。
また、あらかじめお葬式に出せる予算が決まっている場合は、予算内でなにをどこまでできるか葬儀社と打ち合わせ、内訳を書いてもらうようにします。
そのときに、これ以上はお金を出せないと葬儀社にはっきり伝えないとだめです。
そして、「見積もりに納得しないうちは契約をしない」、「契約を結ぶ前からお葬式の準備をすすめない」、「請負契約書をきちんと取り交わす」ことが大切です。

『花葬儀』は決まりごとにとらわれない「その人らしいお葬式」を提案します。
※『花葬儀』の対応エリアは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の1都3県です。

◇花葬儀はその名の通り「花」にこだわった葬儀です。
◇首都圏約120店のお花屋さんによる「花祭壇」が基本プランに含まれます。
◇打ち合わせにフラワーデザイナーが同席し、ご要望に合わせた花祭壇を制作。
◇ご利用者のご満足度が98%と高いです。
お見積もり・資料請求はこちらから

業界初の総額料金明示!「小さなお葬式」(全国対応)

◇「小さなお葬式」は火葬式17.8万円、家族葬は49.8万円で、 追加料金は0!
  さらに、低価格のお布施(3.5万円〜)を全国で統一料金で実現!
◇専門スタッフが24時間365日電話対応するので安心です。
◇事前に資料請求(無料)しておけば、御葬儀費用から5千円値引きします。
詳しくはこちらから

葬儀費用を安くしたいなら

もしあなたが、これからの葬儀に不安を感じていたら…
平均250〜300万円と言われている葬儀費用を節約できるとしたら…
葬儀について葬儀社同様の知識を得ることができるとしたら…
葬儀にはたくさんのお金がかかると思ってませんか? あなたやあなたのご家族には、葬儀後の生活があることも忘れてはいけません。 ほんの少し手を止めて、私の話を聞いていただけますか? きっとあなたのお役に立てます…
⇒ 続きを読む


FXトレードネットとは