伝統的な葬儀の弊害

伝統的な葬儀の弊害

ここでいう伝統的な葬儀とは、地域社会や会社などの組織のバックアップでおこなわれてきた、一般的で比較的規模の大きいお葬式のことです。
このようなお葬式は、従来ならば大変優れたものと言えます。
町内会や会社には、お通夜・葬儀・告別式の段取りや決まりごと等に精通している人が必ずいて、その人たちが葬祭業者や寺院との折衝などもおこなってくれていたため、遺族は細かいことは何もせず全ておまかせして、会葬者の応対に気を配っているだけでOKでした。
お葬式の進行も地域差はありますが、流れは大体決まっています。
また、葬儀費用は規模が大きいので高額になりますが、会葬者が多いので香典でかなりの部分をまかなうことができました。

しかし、最近は事情が違ってきています。
都市部では核家族や単身世帯が増加して、近所付き合いする人も減り、地域社会の繋がりが弱くなりました。
バブル経済崩壊後は、長期間景気が低迷し、終身雇用が崩壊、家族主義的な企業風土も衰退したことから、今までのように本人だけでなく、本人の身内のお葬式まで、会社をあげてお手伝いをしたり、関係者一同が参列することも少なくなりました。
また高齢化が進んだことで、親族・友人関係の会葬者の数も徐々に少なくなっています。
このような変化によって、見送る人の数が減っており、また不況が続く中、経済面からも伝統的なお葬式をあげるのが難しくなっています。

また、伝統的なお葬式は、遺族側からみれば、大勢のよく知らぬ会葬者への挨拶・接待に追われ、ゆっくりと故人の死を悲しみ、最後の別れの時を過ごす時間的・精神的余裕は正直ありませんでした。
今までは、それが当たり前のこととして受け入れられてきましたが、現在ではお葬式を大げさなものにはしたくない、こじんまりでいいから、もっと心をこめて見送れるものにしたいと、ほとんどの人が考えています。
また、自分が旅立った後に盛大な葬儀などしてほしくない、自分の葬式のために家族がいらぬ気苦労や無理な出費で苦しんでほしくないとも、ほとんどの人が思っています。
有る意味、葬儀が社交的儀式から、遺族中心の個人的なものへと変わりつつあると言えるでしょう。

『花葬儀』は決まりごとにとらわれない「その人らしいお葬式」を提案します。
※『花葬儀』の対応エリアは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の1都3県です。

◇花葬儀はその名の通り「花」にこだわった葬儀です。
◇首都圏約120店のお花屋さんによる「花祭壇」が基本プランに含まれます。
◇打ち合わせにフラワーデザイナーが同席し、ご要望に合わせた花祭壇を制作。
◇ご利用者のご満足度が98%と高いです。
お見積もり・資料請求はこちらから

業界初の総額料金明示!「小さなお葬式」(全国対応)

◇「小さなお葬式」は火葬式17.8万円、家族葬は49.8万円で、 追加料金は0!
  さらに、低価格のお布施(3.5万円〜)を全国で統一料金で実現!
◇専門スタッフが24時間365日電話対応するので安心です。
◇事前に資料請求(無料)しておけば、御葬儀費用から5千円値引きします。
詳しくはこちらから

葬儀費用を安くしたいなら

もしあなたが、これからの葬儀に不安を感じていたら…
平均250〜300万円と言われている葬儀費用を節約できるとしたら…
葬儀について葬儀社同様の知識を得ることができるとしたら…
葬儀にはたくさんのお金がかかると思ってませんか? あなたやあなたのご家族には、葬儀後の生活があることも忘れてはいけません。 ほんの少し手を止めて、私の話を聞いていただけますか? きっとあなたのお役に立てます…
⇒ 続きを読む


FXトレードネットとは