お葬式の本来の意味とは

お葬式の本来の意味とは

従来おこなわれてきた伝統的なお葬式は、形式的な決まり事、因習、世間体といったものに縛られ、お葬式は大掛かりなものになりがちでした。
その結果、遺族に残ったものは、しめやかに故人を見送ることができたという葬式への満足感ではなく、疲労感と後悔と高額の請求書だったということが少なくありません。

本来お葬式は、故人と遺族のためのものであるべきです。
でも現実には、葬儀社や“しきたり”にうるさい周囲の人間が、中心的に振る舞ったりします。
そうではなくても、通夜、葬儀・告別式への参列者が多ければ、挨拶応対に追われてしまい、遺族が故人と最後の別れをゆっくりとおこなうことは不可能に近いです。
葬式は本来、故人を弔う手段のはずなのに、葬式をあげること自体が目的となってしまっているのです。

社会的にはお葬式には次のような意味・目的があります。

  1. 遺体を処理し葬る
  2. 故人を送る(宗教的儀式などを通して「あの世」へ旅立たせる)
  3. 亡くなったことを社会に告知する
  4. 大切な人を亡くしたことを受容する

お葬式は人の死を受け止め、対処するための儀式です。
しかし、従来型のお葬式では、4の「大切な人を亡くしたことを受容する」こと、つまり遺族の心のケア(死を受け止め、悲しみを整理し、気持の区切りを付け、心の平安を得る)という、本来お葬式で一番大切な目的がないがしろにされ、犠牲になることが多いのです。

家族葬や自由葬の良さは、会葬者やお坊さんではなく故人と遺族が中心であるところです。
遺族が大切な人の死をきちんと受け止めるためには、悲しみを隠すことなく十分にお別れする時間が必要です。
そういう意味で、これらは遺族の心のケアを重視する葬儀であると言えるでしょう。

『花葬儀』は決まりごとにとらわれない「その人らしいお葬式」を提案します。
※『花葬儀』の対応エリアは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の1都3県です。

◇花葬儀はその名の通り「花」にこだわった葬儀です。
◇首都圏約120店のお花屋さんによる「花祭壇」が基本プランに含まれます。
◇打ち合わせにフラワーデザイナーが同席し、ご要望に合わせた花祭壇を制作。
◇ご利用者のご満足度が98%と高いです。
お見積もり・資料請求はこちらから

業界初の総額料金明示!「小さなお葬式」(全国対応)

◇「小さなお葬式」は火葬式17.8万円、家族葬は49.8万円で、 追加料金は0!
  さらに、低価格のお布施(3.5万円〜)を全国で統一料金で実現!
◇専門スタッフが24時間365日電話対応するので安心です。
◇事前に資料請求(無料)しておけば、御葬儀費用から5千円値引きします。
詳しくはこちらから

葬儀費用を安くしたいなら

もしあなたが、これからの葬儀に不安を感じていたら…
平均250〜300万円と言われている葬儀費用を節約できるとしたら…
葬儀について葬儀社同様の知識を得ることができるとしたら…
葬儀にはたくさんのお金がかかると思ってませんか? あなたやあなたのご家族には、葬儀後の生活があることも忘れてはいけません。 ほんの少し手を止めて、私の話を聞いていただけますか? きっとあなたのお役に立てます…
⇒ 続きを読む


FXトレードネットとは